PR
仮想通貨・投資

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴や評判は?メリットやデメリットについても

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴や評判は?メリットやデメリットについても 仮想通貨・投資
記事内に広告が含まれています。

 

ビットフライヤーは、日本国内で広く利用されている取引所の一つです。

しかし、どんな特徴があるのか、安全に使えるのか、どんなメリットやデメリットがあるのか、知りたいですよね。

この記事では、そんな疑問に答えるために、ビットフライヤーの全体像を丁寧に解説していきます。

仮想通貨の世界に足を踏み入れようとしているあなたに、ビットフライヤー(bitFlyer)という取引所の特徴や評判、メリットやデメリットをわかりやすくご紹介します。

 

仮想通貨取引を始める前に、ぜひこの情報を参考にしてくださいね。

\無料、最短10分/

bitFlyerで口座開設する

 

 

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー

 

ビットフライヤーは、2014年9月に設立された日本の仮想通貨取引所です。

この取引所は、元ゴールドマンサックスのトレーダーが創業したことで知られています。

ビットフライヤーの特徴は、国内で最も多くのビットコインを扱っていることです。

これは、多くの人がビットコインを買ったり売ったりする場所として、ビットフライヤーを信頼しているってことですよね。

 

また、ビットフライヤーでは、21種類の仮想通貨を取り扱っており、これは国内でも多い方です。

株主には大手企業が多く、これはビットフライヤーがとても信頼されていることを示しています。

ビットフライヤーは使いやすさや安全性にも力を入れており、初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。

 

そして、ビットフライヤーの評判については、多くの良い口コミがあります。

特に「使いやすい」という声が多く聞かれます。

しかし、相場が活発な時にサーバーが重くなることもあるため、その点は注意が必要です。

サーバーが重いと感じたら、少し時間を置いてから再度アクセスすると良いでしょう。

 

ビットフライヤーは、国内最大級のビットコイン取扱量と多様な仮想通貨のサポート、使いやすさと安全性の高さで、多くの人に選ばれている取引所です。

これらの特徴は、仮想通貨取引を始めたい人や、すでに取引をしている人にとっても、ビットフライヤーを選ぶ大きな理由となっています。

 

ビットフライヤー(bitFlyer) メリット

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴や評判は?メリットやデメリットについても

イーサリアムを取引所で購入できる

ビットフライヤーでは、イーサリアムを取引所で購入することができます。

他の取引所では、イーサリアムを買う時に手数料が高くなることがありますが、ビットフライヤーならコストを抑えて取引が可能です。

これは、お金を節約しながら仮想通貨を手に入れたい人にとって大きなメリットですよね。

円から少額つみたて投資ができる

ビットフライヤーでは、たった1円から始められる少額つみたて投資が可能です。

毎日、毎週、月2回、月4回といった様々な設定が選べるので、自分のペースでコツコツと投資を行うことができますよ。

これは、大きな資金がなくても投資を始められるという点で、特に初心者に優しいシステムですね。

ビットフライヤークレジットカードがある

2021年12月には、ビットフライヤー独自のクレジットカードが登場しました。

このカードを使うと、ビットコインが貯まる仕組みになっています。

ポイント還元率は0.5%から1.0%で、カードの種類によって異なります。

日常の買い物で少しずつビットコインを貯めることができるので、仮想通貨への投資を始めたい人にとっては魅力的ですよね。

Tポイントでビットコインと交換できる

ビットフライヤーでは、Tポイントをビットコインに交換することができます。

100ポイントで85円相当のビットコインに交換可能です。

これは、普段の買い物で貯まったTポイントを有効活用し、仮想通貨投資につなげることができるという点で、非常に便利です。

Braveと連携できて稼げる

Braveはパソコンやスマホで使えるWebブラウザで、広告をカットすることで仮想通貨BATを稼ぐことができます。

ビットフライヤーと連携することで、稼いだ仮想通貨を簡単に移動させることができます。

これは、日常のインターネット使用を通じて、追加の収入を得るチャンスを提供してくれます。

 

\無料、最短10分/

bitFlyerで口座開設する

 

ビットフライヤー(bitFlyer)のデメリット

取引所形式に対応していない通貨もある

ビットフライヤーでは、取引所形式で取引できる通貨に限りがあります。

全21種類の仮想通貨の中で、取引所形式で取引できるのはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP)などです。

これは、特定の仮想通貨を取引したい場合、ビットフライヤーだけでは対応できないことがあるということです。

しかし、ビットフライヤーは国内最大級のビットコイン取扱量を誇り、人気のある仮想通貨はしっかりとサポートしています。

また、取引所形式でなくても、多くの仮想通貨を取り扱っているため、幅広いニーズに応えることができます。

銀行の振込手数料が高い

ビットフライヤーを利用する際、銀行からの振込手数料が比較的高いことがあります。

三井住友銀行を利用している場合、出金手数料は3万円未満で220円、3万円以上で440円です。

他の銀行を利用すると、これよりも高くなります。しかし、このデメリットを補うために、ビットフライヤーは入金手数料を無料にしています。

また、住信SBIネット銀行を利用すれば、24時間365日いつでも手数料無料で「クイック入金」が可能です。

このように、ビットフライヤーは利用者が手数料を節約できるようなサービスを提供しており、賢く利用すれば手数料の負担を軽減できます。

以上の点から、ビットフライヤーにはいくつかのデメリットがありますが、それらは多くのメリットによって補われています。

国内最大級のビットコイン取扱量、多様な仮想通貨のサポート、手数料の節約策など、ビットフライヤーは初心者から上級者まで幅広いユーザーにとって魅力的な取引所であると言えるでしょう。

 

まとめ

この記事では、ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴や評判、メリットとデメリットについてまとめてみました。

ビットフライヤーは国内最大級のビットコイン取扱量を誇り、使いやすさと安全性に優れています。

メリットとしては、イーサリアムの取引所での購入や少額投資の可能性、独自のクレジットカードの提供、Tポイントとの交換、Braveブラウザとの連携などが挙げられます。

一方で、取引所形式に対応していない通貨の存在や振込手数料の高さがデメリットとして指摘されています。

しかし、これらのデメリットはビットフライヤーの多くのメリットによって相殺されると考えられます。

仮想通貨取引を始める際の参考にしていただければ幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました