PR
仮想通貨・投資

利回り不動産の評判は怪しい?メリット・デメリットやワンズコインについても

利回り不動産の評判は怪しい?メリット・デメリットやワンズコインについても 仮想通貨・投資
記事内に広告が含まれています。

 

不動産投資に興味はあるけど、始めるのに資金が必要なことや、手続きが複雑でなかなか手を出せないと思っていませんか?

そこでおすすめしたいのが、1口1万円から投資ができる「利回り不動産」。

でも、「利回り不動産」って本当に信用できるのかしら?

少額から始められるって聞くといいなと思うけど、ちょっと怪しいかなと思うこともありますよね。

この記事では、そんな利回り不動産について、デメリットやサービスもわかりやすく解説していきます。

不動産投資を始めたいと思っているけど、どうしたらいいかわからない、そんなあなたの疑問や心配を解消して、投資を決める時の参考にしてほしいと思います。

 

利回り不動産とは?

株式会社ワイズホールディングスが運営する「利回り不動産」は、インターネットを利用して、不動産に関心のある個人と、不動産ビジネスを手掛ける企業を繋げるサービスです。

このサービスを利用することで、1万円という少額から不動産投資を始めることができ、通常の銀行預金よりもずっと高い利回りを期待できます。

例えば、2023年10月に募集されたファンドでは、1万円から投資が可能で、利回りは6.5%、運用期間は18ヶ月でした。

半年ごとに分配金がもらえる仕組みになっています。

さらに、利回り不動産では、投資家が優先的に守られる仕組みがあります。

つまり、万が一損失が出た場合でも、最初に損失を負担するのは運営する事業者で、投資家の資金は守られるようになっています。

 

利回り不動産

これまでに40件のファンドを募集し、20億円以上の資金を集め、100の償還実績を出しているので、安心して投資を始めることができるでしょう。

このように、利回り不動産は少額から始められる不動産投資のサービスで、安心して投資できる環境を整えています。

興味がある方は、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

 

\会員登録、10分で完了/

利回り不動産の公式サイト

/無料登録で1,000円分のワイズコイン!

 

利回り不動産のメリット

利回り不動産のメリットは以下の通りです。

1万円から投資できる

利回り不動産では、1口1万円からの少額投資に対応しています。

不動産投資の敷居を低くすることで、初心者や資金に余裕のない方でも、手軽に不動産投資を始められるのが大きなメリットです。

また、少額からのスタートなら、リスクも相対的に低く抑えることができますよね。

利回りが高めの案件が多い

利回り不動産では、平均して7%前後の利回りを誇る案件を多数提供しています。

他の不動産クラウドファンディングサービスと比べてみると、そちらの平均利回りは4〜5%程度ですので、かなり高めに設定されていると言えます。

しっかりとリターンを求める方には、利回り不動産がおすすめです。

ワイズコインでお得に投資できる

利回り不動産では、ワイズコインという独自のコインサービスを提供しています。

ワイズコインは、口座開設やファンドに投資するだけで簡単に貯まるコインで、1コイン当たり1円相当ので使えます。

ワイズコインは、不動産投資に使うことができるほか、Amazonギフト券に交換することもできます。

このように、ワイズコインを使うことで、お得に不動産投資を行うことができますね。

優先劣後出資でリスクを採用

利回り不動産では、優先劣後出資の方式を取り入れています。

これは、投資家の皆さんから預かった資金と、私たち利回り不動産の資金を別々に管理し、もし不動産運用で損が出た場合には、先に私たちの資金でその損失を埋めるという方法です。

この仕組みにより、投資家の皆さんの資金をできるだけ守り、元本が減るリスクを抑えています。

マスターリース契約で空室リスクを回避する

利回り不動産では、マスターリース契約を結んでいます。

この契約では、私たちが不動産のオーナーとなり、投資家の方々には一定の賃料をお支払いします。

この方式により、もし不動産に空き部屋が出ても、投資家の皆さんは賃料収入を確実に得られるため、空室のリスクを心配する必要がありません。

 

利回り不動産のデメリット

利回り不動産のデメリットは以下の通りです。

元本割れする可能性がある

利回り不動産では、優先劣後出資によりリスクを軽減していますが、それでも元本割れの可能性は残ります。

元本割れとは、投資した金額よりも少ない収益しか手に入らない状況のことです。

当社では、不動産運用で損失が出た場合、その損失の10%まで運営側が負担します。

しかし、10%を超える損失は、投資家の方々も一部を負担する必要があります。このような状況が元本割れのリスクをもたらします。

途中解約はできない

これは利回り不動産に限らず、他の不動産クラウドファンディングにも共通する点ですが、ファンドが成立してから運用期間が終了するまで、途中で解約することはできません。

もし途中で資金が必要になった場合でも、持分を売って現金化することは難しいため、投資は余裕のある資金で行うようにしましょう。

 

利回り不動産は怪しいの?

利回り不動産は、少額から始められるクラウドファンディングサービスで、優先劣後出資やマスターリース契約などを仕組みを使って、リスクをなるべく抑える工夫がされているんです。

これにより、投資家の資金を守りつつ、高い利回りのチャンスを作り出しています。

しかし、不動産投資には元本が減るリスクや、利益がどれくらいになるか予測できない不確実性がつきもの。

これは、利回り不動産だけの問題じゃなくて、投資自体の性質だから仕方ないんですよね。

利回り不動産は、ちゃんと法律や規制を守って運営されているから、違法な怪しいサービスじゃないんです。

リスクはあるけど、しっかり管理されている感じですね。

サービスが新しいから少し心配な人もいるかもしれないですけど、新しい投資のチャンスを提供してくれる点では価値があるんです。

使うかどうかは、個々人の判断になるけど、メリットとデメリットをしっかり理解して、自分のリスク許容度に合わせて慎重に選ぶことが大切ですね。

結論として、利回り不動産は怪しいサービスではなく、ちゃんとした知識と理解があれば、信頼できる投資のチャンスをくれるサービスです。

 

\会員登録、10分で完了/

利回り不動産の公式サイト

/無料登録で1,000円分のワイズコイン!

 

 

まとめ

利回り不動産の評判は怪しい?メリット・デメリットやワンズコインについても

 

この記事では、利回り不動産のメリットやデメリットや評判ついてまとめていきました。

このサービスは、少額から手軽に不動産投資を始めることができるクラウドファンディングの形態をとっています。

優先劣後出資やマスターリース契約といった工夫を通じてリスクを低減できる点、ワイズコインをはじめとする高利回りの案件でお得に投資できる点など、多くのメリットがあります。

一方で、元本割れのリスクや途中解約はできないといったデメリットも存在します。

利回り不動産を利用する際には、これらのメリットとデメリットをしっかり理解し、自分の投資目的やリスク許容度に照らし合わせて慎重に判断するようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました