PR
仮想通貨・投資

BitTrade(ビットトレード)の口コミや評判は?メリットやデメリットをわかりやすく解説

記事内に広告が含まれています。

 

ビットトレードの評判ってどうなんだろう…

と疑問をお持ちではありませんか?

「ビットトレードはどんなところ?」「手数料は高いの?」「安心して使えるの?」こんな疑問があるかもしれませんよね。

そこで今回この記事では、ビットトレードの口コミや評判、そしてメリットやデメリットを分かりやすく解説します。

この記事が、あなたに合った取引所を見つけるのに役立てば幸いです。

 

ビットトレードはこちら

 

ビットトレード(BitTrade)とは?

セクション 内容
設立 2016年9月
取り扱う仮想通貨 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、XLM、MONA、ETC、EOS、ONT、TRX、QTUM、XYM、LSK、ADA、DOT、ENJ、IOST、BSV、JMY、OMG、COT、HT、XTZ、DEP、PLT、FLR、ASTR、BOBA、ATOM、DOGE、SHIB、BAT、SAND、AXS、MKR、DAI、MATIC
【全39種類】
取引コスト (BTC/JPYの場合) 現物取引(販売所):無料、スプレッドあり
現物取引(取引所):無料
レバレッジ取引(販売所):無料、スプレッドあり
提供サービス 販売所・取引所・レバレッジ取引
仮想通貨の入金手数料 無料・ネットワーク手数料(ガス代)はユーザー負担

 

BitTradeは、2016年に日本でサービスを開始した仮想通貨取引所で、国内サービスとして立ち上げられました。

2023年2月、サービスのさらなる向上を目指し、名称を「BitTrade」へと変更。

全39銘柄と豊富な銘柄の取り扱いがあり、将来的にはさらに多くの銘柄が追加されることが予想されます。

また、他の取引所では扱っていない通貨やマイナーな通貨の取引にも力を入れています。

金融庁に登録済みの暗号資産交換業者として、他の国内取引所と同様に、信頼性と安全性の高いサービスを提供しています。

これまでにハッキングなどの金融犯罪が一度も起こったことがないことから、そのセキュリティ対策の高さには定評があります。

 

ビットトレードはこちら

 

ビットトレード(BitTrade)のメリット

取り扱い銘柄数が多い

ビットトレードは、国内で仮想通貨の取引所の中でも、トップクラスの銘柄を取扱っています。

主要競合他社の取扱銘柄数(2024年3月時点)

  • Binance Japan : 50種類
  • BitTrade: 39種類
  • DMM Bitcoin : 38種類
  • bitFlyer: 32種類
  • Coincheck:29種類
  • GMOコイン : 26種類

ビットトレードみたいに、いろんな銘柄を取り扱ってると、全部を一箇所で管理できるのが大きなメリットですね。

仮想通貨が増えれば増えるほど、それぞれ違う取引所でアカウントを持つと、結構大変ですよね。

ビットトレードなら、そういう面倒も減らしていけます。

 

2円から取引ができる

ビットトレードは、たった2円から仮想通貨の取引ができます。

「仮想通貨って気になるけど、なんとなく始めるのが難しそう」って感じている人もいると思うんです。

でも、ビットトレードなら、2円から取引ができるので、お試し感覚で少額から始めたい方にもピッタリ!

これなら、投資初心者でも無理なく少額から、仮想通貨の取引をスタートできますね。

 

セキュリティ対策が万全

仮想通貨取引所を選ぶときに、セキュリティがどのくらい高いのか気になる人もいてますよね。

ビットトレードは、ユーザーの大切な資産をしっかり守るために、世界最高水準のセキュリティ対策を講じています。

これまでの運営してからハッキングなど金融犯罪が一度も起こったことがなく、そのセキュリティが強固で高い評価を受けています。

暗号資産を始めてみようと思っても、どのサービスを選べばいいか悩むし、暗号資産の流出のリスクが心配な人でも、ビットトレードなら安心して取引スタートできますね。

 

スマホアプリが優秀

ビットトレードのアプリがとても使いやすいと評判。

アプリ一つで、口座開設からチャート分析、ウォレットの管理や入出金まで全部できますよ。

それに「収益分析」みたいに、総資産の推移や収益率が確認できる便利な機能もあります。

だから、ビットトレードのアプリは、初心者でもスマホ一つでサクサク取引できて、とても便利ですね。

 

【全通貨ペア】取引所取引手数料無料キャンペーン

BitTradeにおいては、キャンペーンの期間中、APIを通じた取引を含む全ての通貨ペアにおける取引所での手数料が無料です。

このキャンペーンに参加するためのエントリーは必要ありません。

キャンペーン期間:2024年7月31日(水)17時まで

 

ビットトレードはこちら

 

ビットトレード(BitTrade)のデメリット

日々の取引高が少なめ

ビットトレードは、国内ではまだ知名度が低く、日々の取引高はそれほど多くありません。

取引高が多くないということは、現物取引の流動性が少なくて、国内の大手取引所と比べると、注文が成立しにくい可能性があります。

まだサービス開始から日が浅いので、これからの人気次第では、取引高が増えることも期待できますね。

 

レバレッジ取引できる銘柄はビットコインだけ

ビットトレードは、取り扱っている通貨の種類が多く、現物取引の選択肢は多いですが、レバレッジ取引はビットコインだけに限られています。

アルトコインでレバレッジ取引をしたい人には、ちょっと残念なポイントかもしれませんね。

さらに、現物取引ではフォビトークンを持っていれば手数料の割引などの特典があるものの、レバレッジ取引での特典はありません。

レバレッジ取引を積極的に使いたい人には、少し不満を感じるかもしれませんね。

 

出金は銘柄によって手数料が違う

ビットトレードは、日本円での入金手数料は無料ですが、仮想通貨を出金する際は、手数料が必要です。

仮想通貨銘柄によって出金手数料が違うので、銘柄によって手数料が高くなることもあるので、デメリットに感じるかもしれませんね。

BitTradeの銘柄ごとの出金手数料は、以下の通りです。

  • ビットコイン:0.0005BTC
  • リップル:0.15XRP
  • パレットトークン:40PLT
  • コスプレトークン:130COT
  • ライトコイン:0.001LTC
  • イーサリアム:0.007ETH
  • モナーコイン:0.001MONA

自分が保有している仮想通貨を出金する際は、手数料がどれくらいなのかしっかり確認するようにしましょう。

また、一度の出金に手数料がかかるから、コストを節約する為に、出金する時はまとめて行うのも有効です。

 

ビットトレードはこちら

 

ビットトレード(BitTrade)の口コミや評判

良い口コミ

操作性と機能について申し分がないです。仮想通貨において、一番重視しているのは資産の安全性なので、フォビなら安心できると思います。いくつ改良する所がありますが、期待を込めて良い評価しております。

引用:App Store

Bit Trade は暗号資産の取引サイトです、取り扱っている暗号資産の数は多い方だと思いますし、スプレッドも少ないと思いますので、利用しやすいのでは無いでしょうか、アプリやサイトの操作性も良いので使いやすいです

引用:https://cheeese.monex.co.jp/shops/cheeese__0002387/detail

 

悪い口コミ

 

まとめ

ビットトレードの口コミや評判、メリット・デメリットについてまとめてみました。

ビットトレードは、セキュリティ対策が高く、最低2円からでも取引できますし、手数料も業界最安値クラスと安めなので、初心者の方でも安心して始められるのが魅力です。

一方で、取引高が少なく、レバレッジ取引はビットコインのみに限定されています。

出金手数料が通貨によって異なるのも気になるかもしれませんね。

全体的に、セキュリティを重視する方や、少額から始めたい初心者の方におすすめできる取引所だと言えますね

これから始める人は、デメリットも踏まえた上で、自分に合っているかよく確認することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました