京都繁盛ツアーに参加!月収200万稼いだ20代経営者の1日の作業量が半端なかった話

京都繁盛ツアーに参加!-月収200万稼いだ20代経営者の-1日の作業量が半端なかった話 ブログ生活

メンターが企画した京都繁盛ツアーに参加してきました。

100〜1000年以上の経営が続いている京都のお茶屋やコーヒーの老舗めぐりのツアーで、20代でブログ月収200万円稼いだ経営者も来られていました。

たった1日のツアーでしたが、その人の基準値がむちゃくちゃすごすぎて、自分の価値観や基準値が一気にあがりました。

これまでブログで月収60万円以上稼いだことあったけど、正直そこに満足している自分がいました。

でもこれって上の人からしたらまだまだだし、20代の経営者さんとお話することでよくわかりました。

自分も「月収200万円レベルをめざさなくては!!」と意識がかなり変わった体験でした。

京都の店舗での出来事も勉強になり、記事にしてシェアしていきます。

 

京都繁盛ツアーに参加!月収200万稼いだ20代経営者の1日の作業量が半端なかった話

 

京都繁盛ツアーはメンターが企画した日帰りツアーで、コミュニティーメンバー4人とメンターのお知り合いの経営者2人も参加されました。

カメラとコーヒーが好きな「ブログの先生」と、車好きな「中国輸入の先生」とご一緒させていただき貴重な体験をさせていただきました。

 

「通円」というお茶屋での学び

京阪電車宇治駅の真ん前にある「通円」というお茶屋。

平安時代末の永暦元年(1160年)から創業していて足利義政・豊臣秀吉・徳川家康もこの「通円」のお茶を飲んだことがあると記録に残っていて、よくわからんレベル!

 

こちらが「通円」さんの趣のある店構え。

 

店内にはびっしりとお茶が陳列されていて「こんなにお茶の種類あるのか~」

むしろお茶より抹茶ソフトクリームが気になっていた。

 

そこに店員さんがメンバー全員にお茶の試飲をさせてくれて

「むっちゃおいしい~」

試飲してからメンバー全員一気に何かしら「お茶」を購入していた。

 

試飲って無料サンプルやん。体験することで購入に繋がる!

「通円」さんのお茶の試飲を通して無料オファーの大切さがよくわかりました。

自分もはやく無料コンテンツ作らなければ!

 

ちなみに「通円」さんで購入したお茶はこちらです。

 

「大人はズルいと思いませんか?」という高級食パンさんでの学び

「通円」さんの近くに「大人はズルいと思いませんか?」と変わった名前の店があって、気になって店に入ってみた。

 

高級食パン屋さんでベーカリープロデューサー「岸本拓也」氏が手掛けたお店でした。

ちょうど食パンがきれていたので800円もする食パンを一斤購入していきました。

普段、近所のスーパーで20%OFFとかシール貼っている食パンをよく買うのに、まんまとこの店の戦略にはまってしまった(笑)

「大人はズルいと思いませんか?」の紙袋も個性的です。

DSC_0615

 

電車の帰りは少し恥ずかしかったですが、店を知ってもらう工夫がたくさん詰まっています。

ありきたりの名前や紙袋だったら気にならないし、店に入ることもなかったでしょう。

気になるから「店に入りたくなる」、面白いから「誰かに話したくなる」、そして他に面白い店名がないか「検索してみたくなる」

人間の心理をついていて、この店を研究するとかなりマーケティングの勉強になると思い、「岸本拓也」さんの著書『「考えた人すごいわ」を考えたすごい人』を購入しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「考えた人すごいわ」を考えたすごい人 [ 岸本拓也 ]
価格:1760円(税別、送料別)(2021/3/23時点)

 

宇治川沿いにある抹茶そばさんでの学び

昼食で宇治川沿いにある抹茶そばの専門店に入りました。

窓からは宇治川の絶景が見られるロケーションで、値段以上に贅沢な雰囲気を味わうことができます。

 

メニューも多くなかなかスパッと決められなかったが、とりあえず「ニシン蕎麦」を注文しました。

「ニシン」のうまみがダシにしみて美味しそう!

しばらくして店のおばちゃんが「ごめん、ニシンきれてて天ぷらでいいかな?」と少し強引にすすめてきたんですよ。

また、メニューを決めるのも面倒なので、ニシンを注文したメンバーは全員天ぷらそばに変更しました。

お店側の都合もあったと思いますが、やっぱりたくさんのメニューの中から1つのメニューを勧められたらそれにしちゃいます。

 

ブログ記事でも商品並べても迷ってしまうから売れないんですよ!

たくさんメニューあったら逆に選べないのと一緒です。

おすすめは「これやー」って選択肢を絞り込まないといけないのがよく理解できました。

 

おかげで、すぐに天ぷらそばが出てきて美味しくいただきました。

 

月収200万稼いだ20代経営者の1日の作業量が半端なかった

夕食は焼肉屋で懇談会!

 

ここに一緒にいた20代の経営者さんに「月収100万円稼いだ時どのくらい記事を書いてましたか?」聞いてみたら、「1日10記事以上は書いてましたよ」と当然のようにさらっと言われて、自分とのレベルの違いを見せつけられました。

 

なんと、それを1人で記事を書いていて、正直そのレベルに達していない自分が悔しかった。

「1日10記事以上」ってライタさん雇って書いていると思いました。

 

自分は年末に月収60万円稼げて気が緩んでいた…

俺、全然ダメやん

 

20代の経営者さんは3ヶ月連続でブログで100万以上稼いだ経験があって、何か秘密があるのかと思いましたが、ひたすら記事を書いているだけでした。

稼げる人は「1日10記事」は普通で頑張らなくてもできる基準値になっている。

いや、「頑張っていたのかしれない」けど、それを実行できる行動力をもっているのはたしか!

 

20代の経営者さんのようになるにはもっと基準値をあげていかないと…

勉強しまくって20代で月収200万円稼いでいる人がいるのに、僕はこの人に出会って、もっと稼がないといけないと意識しました。

 

稼いでいる人と話をすることでたった1日のツアーで自分の価値観がぶち壊れる。

このツアーに参加してなかったら、こういう感情にはなからかったと思うと、この機会を与えてくれたメンターに感謝しないといけないな!

 

同じように正しい方法で1日10記事以上書けば、自分にも100万~200万円稼げると可能性があるということにもなり、今度どうやって記事を量産していけるのかを考えるきっかけにもなりました。

これからは自分の殻を破るために、「どうしたらできるか」を考えて作業していきたいと思います。

 

まとめますと、どのお店も自分の商品や活動に自信をもっていて、創業から伝わる伝統や味を守りつづけ、商品開発や営業スタイルは今の時代に合わせていると実際に行ってみて感じました。

それだけでなく、僕のメンターは店員さんと積極的に話をして、日々の生活からアウトプットする前提でいろんなインプットをしている姿勢も勉強になりました。

今回この京都繁盛ツアーで僕も20代の経営者さんに基準値を学ぶことができたので、これからの活動に活かしていきたいと思います。

 

 


 

ブログでのお悩みがあればご相談受け付けています。

無料コンテンツでヒサがやってることをほぼネタバレしちゃってますので、知りたい人はこちらから受け取り下さい。

 

コメント