PR
仮想通貨・投資

プレファンの口コミは評判は?メリットやデメリットについても

プレファンの特徴は評判は?メリットやデメリットについても 仮想通貨・投資
記事内に広告が含まれています。

 

プレファンって聞いたことあるけど、実際どうなの?

そんな疑問に答えていきます。

不動産投資って聞くと、ちょっと敷居が高いと感じるかもしれませんが、プレファンなら少額から始められるんです。

そこで今回この記事では、プレファンの特徴や評判、メリットやデメリットをわかりやすく解説します。

 

プレファンはこちら

 

プレファンで資産運用を始めたい方は、この記事を参考にしてくださいね。

 

プレファンのキャンペーン

プレファン

 

プレファンに新規登録するだけでAmazonギフト券1000円分がもらえるキャンペーンを実施中です。

2024年2月29日(木)までの期間限定キャンペーンなのでお見逃しなく!

キャンペーンは予告なしに終了することがあります。

予算の関係上もらえる金額が少なくなる可能性もあるので。この機会にぜひご参加ください!

>>プレファンの公式サイトへ

 

プレファンとは?

プレファン

プレファンって、どんなサービス?って思うかもしれませんね。

これは、東証スタンダード市場に上場しているプレサンスコーポレーションの子会社、プレサンスリアルタが運営する不動産投資型のクラウドファンディングサービスなんです。

運営会社 株式会社プレサンスリアルタ
代表者 原田 昌紀
住所 〒540-6027 大阪市中央区城見1丁目2番27号クリスタルタワー27階
設立 平成20年8月25日
資本金 1億100万円

 

特に、プレファンは自社グループで開発から販売、管理までを一手に担うプレサンスマンションに特化したファンドを提供しています。

その上、プレサンスコーポレーションには、賃貸管理を得意とする専門チームがいて、22,002戸もの物件を管理。

その結果、97%以上という驚くほど高い入居率を維持しているんですよ。

 

不動産投資型クラウドファンディングって何?

不動産投資型クラウドファンディングって?

クラウドファンディングって聞くと、何か新しいプロジェクトやアイデアに、インターネットを通じてお金を出すイメージがありますよね。

でも、不動産投資型クラウドファンディングはちょっと違って、こちらは一般の投資家がお金を出し合って、その資金で不動産を買ったり運営したりするんです。

この方法だと、1万円から10万円くらいの比較的少ない金額で不動産投資が始められるんですよ。

しかも、投資家は物件を持っているわけではないので、面倒な管理作業や追加のコストがかかりません。

プレファンを使って投資すると、出資した金額に対して年間4%から5%の利回りが見込めます。これで、じっくりと資産を増やしていくことができるんです。

 

不動産投資型クラウドファンディングについてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事も併せてご覧ください。

 

プレファンのメリットは?

東証上場企業のグループ会社が運営

プレファンは、東証スタンダード市場に上場している「株式会社プレサンスコーポレーション」のグループ会社、「株式会社プレサンスリアルタ」が運営しています。

この会社は、不動産の開発や販売、管理を一貫して行っており、安心して投資できる環境が整っています。

上場企業のグループ会社が運営することで、信頼性や透明性が高く、投資家にとっては安心材料となりますよね。

新規会員登録者限定のファンドがある

プレファンで新しい会員になると、初心者でも参加しやすい特別なファンドに投資できるんですね。

これは、プレファンを初めて使う人にとって、すごくいい機会ですよね。

新規会員専用のこのファンド、投資の世界が初めての人でも安心して始められるように工夫されているんですよ。

短期投資に向いている

プレファンでは、ほとんどのファンドが運用期間が6ヶ月くらいに設定されいるので、短期投資にぴったりです。

この短期投資のいいところは、資金がすぐに回って、次のチャンスに素早く動けることですね。

それに、短い期間での投資だと、市場の変動リスクを避けやすいっていうメリットもあるんですよ。

最低1万円から投資できる

プレファンでは、最低投資金額が1万円からとなっているので、少ないお金で不動産投資をスタートできるんです。

普通の不動産投資だと、けっこうな額が必要になることが多いですけど、プレファンなら手軽に始められますよね。

これは投資初心者さんや、少額で投資を始めたい人にとって、すごく魅力的なポイントです。

優先劣後出資方式を採用している

プレファンでは、優先劣後出資方式を使っていて、投資家のリスクを減らしています。

この方法だと、万が一投資で損失が出た時には、先に運営会社がその損失を負担することになります。

これで、投資家の元本が守られるから、より安全性が高い投資ができるわけですね。

特に、劣後出資の割合が高いファンドだと、リスクがさらに抑えられるってわけですよ。

これは、安心して投資ができる良いシステムですね。

 

プレファンのデメリットは?

元本保証はない

プレファンには元本保証がありません。

つまり、投資したお金が必ず元どおりになるとは限らないわけです。

でも、プレファンが採用している優先劣後出資方式のおかげで、もし損失が出た場合でも、最初に運営会社がその損失を負担してくれるんですよ。

これで、投資家のリスクは大幅に軽減されます。

さらに、プレファンは東証スタンダード市場に上場している企業グループが運営しているから、信頼性が高くて安心して投資できる環境が整っています。

これは、投資家にとって心強いポイントですよね。

途中解約はできない

プレファンで投資すると、運用期間が終わるまで解約できません。

これは、急にお金が必要になった時に困るかもしれませんね。

でも、プレファンの運用期間は比較的短いんですよ。

多くのファンドで6ヶ月の期間に設定されているから、投資したお金は短期間で回収できます。

これで、資金の回転率を高めることができるわけです。

さらに、1万円から投資が始められるので、大きなリスクを抱えずに投資できますよね。

これなら、投資に慣れていない人でも気軽に始められそうですね。

投資申込が多くて当選しにくい

プレファンは人気があって、新しいファンドへの申し込みが多いから、当選するのが少し難しいんです。

これは、投資機会が限られるというデメリットかもしれません。

でも、プレファンには新規会員限定のファンドがあって、初めて投資する人にもチャンスがありますよね。

それに、プレファンの運営会社は自分たちでファンドを開発・販売・管理しているから、高品質なファンドが提供されていて、投資の質と安全性が保証されています。

これで、投資家はより良い投資機会を得られるわけです。

 

これらのデメリットを考えても、プレファンは信頼性の高い運営会社、リスクを減らす優先劣後出資方式、短期間での投資回収、少額投資の実現など、いろいろなメリットがあります。

総合的にみて、プレファンは投資家にとってとっても魅力的なサービスだと言えますね。

 

プレファンの評判は?

プレファンの評判、気になるところですよね。

プレファンを運営するプレサンスリアルタが、東証スタンダード市場に上場しているプレサンスコーポレーションのグループ会社であることは、多くの投資家にとってはかなり信頼できるポイントみたいです。

場企業グループの一員であることから、不正行為のリスクが低く、急な倒産の心配も少ないとされています。

これは、他の不動産投資型クラウドファンディングサービスと比較しても、特に安心して使えると評価が高いんですね。

ただ、募集金額が少ないことについての口コミもあるみたいです。

投資したい人が多くて、チャンスが限られているって不満を持っているユーザーもいてます。

でも、これから案件数が増えれば、この不満も解消されるかもしれません。

プレファンでは、今後どう安心感と投資機会のバランスを取るかが、大切ですね。

 

プレファンはこちら

 

まとめ

プレファンは、多くのメリットを持つ魅力的な不動産投資型クラウドファンディングサービスだとわかりました。

プレファンは、東証スタンダード市場に上場しているプレサンスコーポレーションの子会社、プレサンスリアルタが運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

このサービスは、自社グループが開発したプレサンスマンションに特化していて、賃貸管理で高い入居率を保つのが強みです。

プレファンのメリットとしては、東証上場企業のグループ会社が運営する信頼性、新規会員限定のファンド、短期投資の適性、最低1万円から始められる投資可能性、そして優先劣後出資方式でリスクを軽減できる点が挙げられますね。

でも、デメリットとしては元本保証がないこと、途中解約ができないこと、多くの申し込みによる当選の難しさがありますね。

それでも、これらのデメリットを考えても、プレファンはたくさんのメリットを持っていて、とても魅力的なサービスだと言えますね。

投資にはリスクがつきものですが、プレファンではリスクを軽減する仕組みがあるので、安心して投資できますよね。

リターンの可能性もしっかり考えて、バランス良く投資することが、プレファンを上手に利用していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました