PR
仮想通貨・投資

クラウドバンクの特徴や評判は?メリットやデメリットについても

記事内に広告が含まれています。

 

クラウドバンクって本当にいいの?

そんな疑問をお持ちのあなたに。

クラウドバンクは、少額から始められる融資型クラウドファンディングサービスです。

投資する前に知りたい、メリットとデメリットを知りたいという人もいらしゃいますよね。

そこで今回この記事では、クラウドバンクの特徴や評判、そしてメリットとデメリットをわかりやすくご紹介します。

\楽天ポイント500pt貰える!/

クラウドバンクはこちら

 

この記事を読むことで、クラウドバンクの全体像が明確になり、あなたの投資判断に役立つはずです。

 

それでは、クラウドバンクの世界に一緒に踏み込んでみましょう。

 

クラウドバンクについて

クラウドバンクの特徴や評判

クラウドバンクは、融資型クラウドファンディングサービスです。

これは、インターネットを通じて、多くの人から少しずつお金を集めて、企業やプロジェクトに貸し出す仕組みのことを言います。

クラウドバンクの大きな特徴は、1万円から投資ができる点です。これにより、投資に興味があるけれども大きなお金を出せない人でも気軽に始められます。

また、クラウドバンクは運用実績が非常に良く、過去には元本回収率100%を達成しています。

これは、投資したお金が全額戻ってきたということを意味し、投資家にとっては非常に安心できるポイントですね。

さらに、クラウドバンクでは、投資先の企業を厳しく審査しているため、投資のリスクを減らす努力もしています。

そして、クラウドバンクの評判については、利回りの高さや使いやすさが評価されています。

実際に利用した人からは、「利回りが高い」「簡単に投資ができる」といった声が多く聞かれます。

ただし、投資はリスクも伴うため、慎重に行いましょう。

クラウドバンクの運営会社

クラウドバンクを運営しているのは、日本クラウド証券株式会社です。

この会社は、金融商品取引業者として国から認定されており、安全性が高い運営を行っています。

金融商品取引業者とは、お金の運用や管理を行う会社のことで、国の厳しい審査をクリアしているため、信頼性が高いです。

日本クラウド証券は、クラウドバンクのサービスを通じて、多くの投資家と企業をつなぐ役割を果たしています。

また、投資家の利益を守るために、適切な情報提供やリスク管理にも力を入れています。

このように、クラウドバンクは信頼できる運営会社によって支えられており、投資家に安心して利用してもらえる環境が整っています。

クラウドバンクと日本クラウド証券株式会社は、投資家にとって魅力的なサービスを提供しています。

少額から始められる点、安定した運用実績、そして信頼できる運営会社によるサポートは、多くの人にとって投資の入門として最適です。

また、投資に興味があるけれども、どこから始めたらいいかわからないという人にも、クラウドバンクは良いスタート地点となるでしょう。

投資をはじめる時は、リスクを理解して、自分に合った投資を選ぶことが大切ですね。

 

クラウドバンクのキャンペーン

クラウドバンク

融資型のクラウドファンディングサービスのCrowd Bank(クラウドバンク)。

20年以上の歴史を持つ当社は、クラウドファンディング界のパイオニアとして有名なんですね。

今、Crowd Bankではすごくお得なキャンペーン実施中!

新しく口座を作るだけで、楽天ポイント500ポイントもらえるんです。

しかも、初めてファンドに投資すると、1万円の最低投資額で2000ポイントもゲットできますよ。

その他、現在Crowd Bankで実施されているキャンペーンは以下の通りです。

クラウドバンク

楽天でのお買い物やサービス利用が多い人には、特におすすめですよ。

ぜひこのチャンスに、Crowd Bankを使ってみて、さらにお得に楽天ライフを楽しんじゃいましょう!

>>クラウドバンクはこちら

 

クラウドバンクのメリット

実績が多く信頼できる

クラウドバンクは、その実績の多さで知られています。

2023年10月時点での応募総額は2,474億円を突破し、運用終了ファンド数は5,991件にものぼります。

これらの数字は、クラウドバンクが多くの投資家から信頼されていることを示しています。

また、元本回収率100%の実績もあり、投資家にとって安心感を与える要素となっています。

高い利回りが魅力

クラウドバンクの平均利回りは5.87%と公表されており、これは他の融資型クラウドファンディングサービスと比較しても非常に高い数字です。

例えば、100万円を投資した場合、1年後には約58,000円の分配金を受け取ることができます。

これは大手銀行の普通預金金利と比較しても圧倒的に高い利回りであり、投資家にとって大きな魅力となっています。

一度投資すれば後は放置OK

クラウドバンクでは、投資先ファンドを選んで資金を投じた後は、特に日々の管理が必要ない「待つだけの資産運用」が可能です。

株式投資やFXなど他の投資手法では、市場の動向を常にチェックする必要がありますが、クラウドバンクではそのような手間が不要です。

これにより、忙しい日常生活を送る人々にも手軽に投資の機会を提供しています。

ドル建て投資ができる

クラウドバンクでは、ドル建てでの投資も可能です。

これにより、円安の時には為替差益を得ることもでき、より多様な投資戦略を立てることが可能になります。

ドル建て投資は、特に国際的な視野を持つ投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

1万円から投資ができる

クラウドバンクは少額投資にも対応しており、1万円から投資を始めることができます。

これにより、大きな資金を持たない初心者や、少額から投資を始めたい人々にも門戸が開かれています。

また、金取引においては1,000円からのスポット購入も可能で、多様な資産形成の方法を提供しています。

 

\楽天ポイント500pt貰える!/

クラウドバンクはこちら

 

クラウドバンクのデメリット

元本保証がない

クラウドバンクでは、元本保証がありません。

これは、投資したお金が必ずしも全額戻ってくるとは限らないということです

。しかし、クラウドバンクの運用実績は非常に良好で、過去には元本回収率100%を達成しています。

融資先の厳格な審査や担保の設定により、リスクは最小限に抑えられています。

つまり、元本保証はないものの、安心して投資できる環境が整っているのです。

自由に換金できない

クラウドバンクの投資は、運用期間が終わるまで資金を自由に動かすことができません。

これは、運用期間中に資金を引き出すことができないという意味です。

しかし、この点は投資の安定性を高めるために必要な措置であり、投資家が長期的な視点で資産を増やすことをサポートしています。

また、運用期間が終了すれば、分配金とともに元本も戻ってくるため、計画的な資産運用が可能です。

予定日より早く償還されるケースがある

クラウドバンクでは、予定より早く運用期間が終了することがあります。

これは、融資先の事情により早期に資金が返済される場合があるためです。

早期償還は、予定された利益が減少する可能性がありますが、一方で新たな投資機会に早く資金を回すことができるメリットもあります。

つまり、柔軟に資産を運用することが可能になります。

人気すぎて投資ができない

クラウドバンクのファンドは非常に人気が高く、募集開始直後に満額に達することがあります。

これは、投資機会を逃す可能性があることを意味します。

しかし、これはクラウドバンクが提供する投資案件の魅力と信頼性の高さを示しています。

また、クラウドバンクでは定期的に多様なファンドが提供されるため、投資機会は常に存在します。

こまめにサイトをチェックすることで、新しい投資チャンスを見つけることができるでしょう。

 

\楽天ポイント500pt貰える!/

クラウドバンクはこちら

 

まとめ

クラウドバンクは、1万円から始められる融資型クラウドファンディングサービスで、その利便性と安定した運用実績で多くの投資家から信頼されています。

元本回収率100%の実績や、投資先企業の厳格な審査により、安心して投資できる環境が整っています。

また、平均利回り5.87%という高い利回りが魅力で、一度投資すれば管理の手間がかからず、忙しい人にも適しています。

ドル建て投資の選択肢もあり、国際的な投資戦略を立てることも可能です。

一方で、元本保証がなく、運用期間中の換金ができない点、予定より早い償還の可能性、人気による投資機会の逸失はデメリットとして考慮すべきです。

しかし、これらはクラウドバンクの投資案件の魅力と信頼性の高さを示しており、定期的に提供される多様なファンドにより、投資機会は常に存在します。

投資を始める際はリスクを理解し、自分に合った投資を選ぶことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました