PR
仮想通貨・投資

DARWIN Fundingの評判は怪しい?メリット・デメリットや利回りについても

DARWIN Fundingの評判は怪しい?メリット・デメリットや利回りについても 仮想通貨・投資
記事内に広告が含まれています。

 

「DARWIN Fundingは怪しいのかな?」そんな疑問をお持ちのあなたに、この記事はぴったりです。

不動産投資の新しい形として注目されているDARWIN Fundingですが、始める前にはその特徴やメリット、デメリットをしっかり理解しておきたいですよね。

この記事では、DARWIN Fundingの基本情報から、実際に投資する際のポイントまで、わかりやすく解説していきます。

 

DARWIN Fundingはこちら

 

少額から始められる不動産投資の魅力とは?リスクはどのくらいあるの?

そんなあなたの疑問に、丁寧に答えていきますので、ぜひ最後までお読みください。

 

DARWIN Fundingのキャンペーン

当サイト登録キャンペーン

ダーウィンファンディング

 

2024年2月29日まで、DARWIN Fundingに新規登録を完了された方には、特典としてPayPayポイント500ポイントがチャージ可能なPayPayギフトカードがもらえます。

登録は無料で、手軽にPayPayギフトカードを受け取ることができます。

この機会にぜひご登録くださいね。

>>DARWIN Fundingの公式サイトへ

 

紹介キャンペーン

 

「DARWIN funding紹介キャンペーン」で、紹介者と被紹介者の両方に、Amazonギフト券1,000円がもらえるキャンペーン開催中。

SNSで「DARWIN funding」を紹介できる人は、今すぐ登録をしていきましょう♪

 

↓当サイトの紹介コードはこちら

hhisa0622

 

>>DARWIN Fundingの公式サイトへ

紹介コードを入力して登録するだけで、PayPayポイント500円分とアマゾンギフト券1000円分をもらえますよ。

 

ダブルキャンペーン

「DARWIN Funding 開発型13.14号」の両ファンドに出資した人、出資額に応じてAmazonギフト券がもらえます。

  • 総額30口以上出資完了→5,000円分
  • 総額50口以上出資完了→10,000円分
  • 総額100口以上出資完了→25,000円分
  • 総額200口以上出資完了→60,000円分
  • 総額300口以上出資完了→100,000円分

出資額が30万円以上から、5,000円分のAmazonギフト券がもらえるため、大きな投資をためらう方でも気軽に参加しやすいキャンペーンとなっています。

>>DARWIN Fundingの公式サイトへ

 

このキャンペーンすべて併用できるので、ぜひ!

 

DARWIN Fundingとは?

DARWIN Fundingは、「ダーウィンアセットパートナーズ株式会社」が運営する不動産クラウドファンディングサービスです。

項目 内容
運営会社 ダーウィンアセットパートナーズ株式会社
代表取締役 男松 祐次
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1新青山ビル東館3階
創業 2009年9月18日
資本金 1億円

2022年8月にサービスを開始し、新しいタイプの不動産投資として注目されています。

このサービスの最大の特徴は、1口1万円からの少額投資ができるところです。

これで、資金がそれほどなくても不動産投資に手を出せるようになりますよね。

また、DARWIN Fundingでは、投資家がリスクを抑えられるように優先劣後方式を用いています。

これは、損失が出た際には運営側がまず負担し、利益が出たら投資家に先に還元される仕組みです。

さらに、投資できる不動産は新築から中古、マンションの一棟買いから区分所有、オフィスビルまでと多岐にわたります。

 

選択肢が豊富っていいですよね。

 

DARWIN Fundingの評判は怪しい?

DARWIN Fundingの評判は怪しい?メリット・デメリットや利回りについても

 

でも、DARWIN Fundingってなんだか怪しい…

こう思われた方もいてるかもしれないけど、安心してください。

DARWIN Fundingは、不動産投資の専門家である「ダーウィンアセットパートナーズ株式会社」によって運営されており、700戸以上の不動産販売実績を誇っています。

サービス開始から今まで、元本割れの事例がないのも、その信頼性を物語っていますね。

 

でも、不動産投資にはやっぱりリスクがあります。元本保証がなく、市場や物件価値の変動によっては投資金が減ることもあるんです。

だから、投資を考える時は、サービスの特徴やリスクをしっかり理解し、自分の資金計画に合わせた慎重な判断が大切ですよ。

少額から始められる点を含め、DARWIN Fundingは新しいスタイルの不動産投資として多くの人に注目されています。

透明性が高く、様々な投資案件を提供していることも、不動産投資に興味がある方にとっては大きな魅力ですね。

 

長期運用を意識して、余裕のある資金で投資をやっていこう!

 

DARWIN Fundingのメリット

1万円からの少額で投資可能

DARWIN Fundingでは、1万円という少額から不動産投資を始めることができます。

通常、不動産投資と言えば、かなりの大金が必要と思いがちですが、DARWIN Fundingは手軽に始めることができるのが魅力ですよね。

特に、投資の経験が少ない方や自己資金に限りがある方でも、気軽に挑戦できるのは、多くの人から支持される理由の一つですね。

利回りが高い

「利回りが高い」という点は、DARWIN Fundingの大きなメリットの一つです。

他のサービスと比較しても、4.5%から8%の利回りは目を引く数字。

投資の世界でこのような高い利回りはそうそうないので、資産を増やしたい方にとって、見逃せないポイントですね。

運用期間が短い

DARWIN Fundingの運用期間が最短2ヶ月からというのは、短期間での資産運用を目指す人にとってメリットが大きいですね。

この短い運用期間のおかげで、長期にわたる資金の拘束を避けられるわけです。

それに、市場の変動リスクを減らしつつ、柔軟に資産を運用できるのもいいポイントですね。

投資物件の幅が広い

DARWIN Fundingで新築物件や中古物件、一棟マンションからオフィス物件まで、いろんな不動産に投資できるのは、利用者にとってすごく良いですね。

投資家の好みやリスクへの対応能力に応じて、様々な選択肢の中から自分に合った投資先を選べるのは、本当に大きなメリットです。

自分の投資戦略にピッタリ合った物件を見つけやすくなるし、それにより投資の成果も向上する可能性があります。

不動産投資のチャンスがたくさんあると、自分にぴったり合った案件を探し出しやすくなりますよね。

優先劣後方式を採用

DARWIN Fundingが優先劣後出資方式を採用しているのは、投資家にとっては安心材料です。

この方式を採用しているおかげで、もし損失が発生した場合でも、最初に事業者の出資分で損失を埋めるんですよね。

そうすることで、投資家のリスクを減らせるわけです。

投資ってリスクが伴うものですけど、このような仕組みがあると、投資家ももっと安心して投資に参加できるんじゃないかなって思いますよね。

 

DARWIN Fundingの公式サイトへ

 

DARWIN Fundingのデメリット

元本や利回りは保証されない

DARWIN Fundingでは、元本や利回りが保証されていません。

つまり、投じたお金が減ってしまうかもしれないし、期待していた収益が出ないリスクもあるってことです。

でも、これって不動産投資におけるごく一般的な性質ですよね。

リスクをしっかり理解して、賢く投資することが何よりも大事です。

それに、DARWIN Fundingが優先劣後出資方式を取り入れている点は、リスクを減らす上で評価できるポイントです。

この方式があるおかげで、もし損失が出ても、投資家のリスクがある程度は軽減されるんです。

不動産投資はリスクが伴うけれど、こういう工夫がされていると、投資家も少しは安心して参加できるかもしれませんね。

実績が少ない

DARWIN Fundingが比較的新しいサービスで、実績がたくさんあるわけじゃないんです。

でも、スタートしたばかりの案件にもかかわらず、すでに多くの人気を集めているのは、多くの投資家がその魅力を感じているってことですね。

新しいサービスだから、新しいアイデアや斬新な試みが期待できるかもしれません。

特に投資市場では、新しい動きやアプローチがよく注目されますから、これからのDARWIN Fundingの動向から目が離せないですね。

抽選式である

DARWIN Fundingの投資案件は抽選式で、投資する機会が必ず手に入るわけじゃないんですね。

応募しても投資できないことがあるのは、人気の高さを物語っています。

抽選に参加すること自体、新しいチャンスを広げる一歩になると思いますよ。

抽選なら初心者でも参加できますし、選ばれるとその喜びは格別ですよね。

原則中途解約ができない

DARWIN Fundingでは、基本的に一度投資したら中途解約ができないんですよね。

これは、資金の安定運用を目指すための大切なルールです。

このおかげでプロジェクトの安定が守られ、資金を計画どおりに運用できるようになるわけです。

だから、投資する時は余裕のある資金を使って、運用期間中そのお金が手元にないことを考えて計画を立てることが大事ですね。

 

DARWIN Fundingはこちら

 

DARWIN funding(ダーウィンファンディング)の登録方法や始め方

ダーウィンファンディングの始める方は、以下の3ステップですよ。

  • 仮登録
  • 基本情報の入力
  • 本人確認

 

仮登録

公式サイトにアクセスしてメールアドレスとパスワードを登録していください。

 

基本情報の入力

ご登録いただいたメールアドレス宛に、「仮登録完了のお知らせ」が届きます。

届いたメールに記されたURLから、お名前や生年月日など基本情報を入力していきます。

本人確認書類の提出

基本情報の入力が終わりましたら、次は本人確認書類をアップロードしていきます。

本人確認のため、次のいずれかの書類を準備してくださいね。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

審査が終われば、登録完了です。

 

18時ごろに登録したら、翌朝に審査完了のメールがきて、めちゃ早かったよ。

 

DARWIN Fundingはこちら

 

まとめ

この記事では、DARWIN Fundingのメリットとデメリットを解説し、投資家がこれから投資するためのポイントをまとめました。

DARWIN Fundingは、「ダーウィンアセットパートナーズ株式会社」が手掛ける、不動産クラウドファンディングサービスです。

1口1万円からの少額投資ができて、さまざまな不動産への投資が可能なのが、このサービスの大きな魅力です。

さらに、優先劣後方式を用いることで、投資家のリスクも軽減しています。

ただし、元本や利回りの保証がないこと、まだ実績が少ないこと、抽選方式であること、基本的に中途解約ができないことがデメリットとして指摘できますね。

DARWIN Fundingのデメリットをきちんと把握して、それに応じた戦略を立てて投資することで、このサービスを上手に活用できますよ。

投資するときは、リスクとリターンが常に伴いますが、しっかりした知識と計画があれば、リスクをうまくコントロールし、メリットをしっかりと受け取れます。

これから不動産投資を始めてみたい人には、DARWIN Fundingは魅力的なサービスだと思いますので、ぜひ下記のリンクから公式サイトをチェックして下さいね。

 

DARWIN Fundingの公式サイトへ

 

ダーウィンファンディング

 

また、新規会員登録キャンペーンを利用して、Amazonギフト券やポイントをお得にゲットするチャンスが他にもありますよ。

キャンペーン中のサイトを下記に掲載しましたので、ぜひこの機会を活用して、お得な特典を手に入れてくださいね!

 

 

 

【2024年2月29日まで期間限定】

今なら招待コード「CAPIMA2305」を使って新規会員登録すると「現金1,000円」もらえます。

さらに、キャンペーン中にファンドに投資すると「現金2,000円」プレゼント!

 

CAPIMA公式サイトはこちら

 

公式サイトには掲載されておらず、当サイトを経由して新規登録しないと受け取れません。

また、紹介コードの入力がない場合は当ブログ経由の登録でもキャンペーン対象外になるのでご注意ください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました