PR
仮想通貨・投資

マリタイムバンクの評判は怪しい?メリット・デメリットや利回りについても

マリタイムバンクは怪しい?メリット・デメリットや特徴・利回りについても 仮想通貨・投資
記事内に広告が含まれています。

何かおすすめの投資ないかな?

こういうお悩みもありますよね。

マリタイムバンクという、船舶に投資ができるサービスをご紹介します。

船舶への投資って珍しくて、私も最初聞いたとき「え、本当に?」って感じでした。

やっぱり「船舶への投資って、ちょっと心配かも…」って思うかもしれませんよね。

 

\登録でアマギフ1000円貰える/

マリタイムバンクはこちら

 

そこで今回この記事で、マリタイムバンクの特徴やメリット、デメリット、始め方まで、くわしく解説していきますね。

 

マリタイムバンク登録者全員に「Amazonギフト券1000円分」をプレゼント。

登録はたったの10分で完了し、手順もとても簡単!

>>マリタイムバンクはこちら

 

マリタイムバンクとは?

マリタイムバンク

マリタイムバンクの特徴

マリタイムバンクとは、日本で唯一、個人でも船舶への投資ができるクラウドファンディングサービスです。

これは日本初の船舶投資型クラウドファンディングで、最近注目を集めている貸付型のものです。

マリタイムバンクの投資対象は、豪華客船を除く商船に限られており、船舶と金融の専門家による運用で、将来に向けた分散投資ができるんですよ。

マリタイムバンクは、融資型クラウドファンディングを使って、船舶に特化した資産運用ができるんです。

船舶関連のプロジェクトにお金を出すって、普通の投資とは違って、ちょっと面白いですね。

船舶に特化しているので、この分野に興味がある人にとっては、かなり魅力的なサービスかもしれません。

 

一般的な資産運用とは一味違う、そんな感じがします。

 

マリタイムバンクって怪しい?

でも、マリタイムバンクってなんだか怪しい…

マリタイムバンクは、2020年に設立された比較的新しい会社、日本マリタイムバンク株式会社が運営しています。

船舶投資型クラウドファンディングは、一般的な投資商品と比べるとマイナーな分野かもしれません。

そのため、個人投資家の中でマリタイムバンクに投資している人はまだ多くないでしょう。

「マリタイムバンクって怪しい…」と思われがちですが、日本の会社が運営していることは大きな安心材料です。

また、この会社は定期的に事業の進捗や財務状況を公開しており、このようなオープンな情報共有は、投資家にとって信頼性を高めるポイントですよ。

 

船舶投資に興味がある方には、ぜひ検討して下さいね。

 

マリタイムバンクのメリット

マリタイムバンク

利回りが高い

マリタイムバンクは、その予定分配率が4%から9%と、他の金融商品と比較しても高い利回りを誇っています。

例えば、三菱UFJ銀行の普通預金金利は年0.0010%、株式投資の平均利回りは年間で約5%前後です。

このように、マリタイムバンクは少額の投資でありながら、高い分配率を提供することで注目を集めています。

ほったらかし投資ができる

マリタイムバンクのサービスは、投資後の管理をすべて運営が行うため、投資家は資金を預けた後は特に何もする必要がありません。

この「ほったらかし投資」は、忙しい方や投資に関する専門知識がない方にも手軽に始められる大きなメリットですね。

投資の複雑な管理や運用をマリタイムバンクが代行することで、投資家は自分の時間を他のことに使うことができます。

10万円から投資ができる

マリタイムバンクでは、最低投資額が10万円からとなっております。

10万円ってメリットって思うかもしれませんが、投資と聞くと何十万円、もしくはそれ以上の大金が必要ってイメージありますよね。

でも、この10万円で、放っておいてもお金が増えるチャンスがあるんです。

それに、これからの老後のためにも、少額からでも資金を作っておくことは大事ですよね。

普通、船舶投資って言ったら、大きな資金がいるものですけど、マリタイムバンクなら、個人投資家もこの市場に参加しやすくなるんですよ。

船の運行状況がわかる

マリタイムバンクでは、自分が投資した船の最新情報をマイページでリアルタイムにチェックできるんですよ。

自分が投資した船がどんな活動をしてるのか、直接目で見ることができるわけですから。

これで、投資にもっと興味を持ったり、深く関われるようになりますよ。

それに、船の運行状況が分かるっていうのは、投資の透明性を上げて、安心感をもたらすポイントですよね。

 

\登録でアマギフ1000円貰える/

マリタイムバンクはこちら

 

マリタイムバンクのデメリット

マリタイムバンクは怪しい?メリット・デメリットや特徴・利回りについても

運営会社が上場していない

マリタイムバンクを運営する日本マリタイムバンク株式会社は、2020年に設立された比較的新しい会社で、現在は上場していません。

上場している企業と比べると、信頼性や財務の透明性にちょっと差があるかもしれませんが、これがマリタイムバンクの新鮮さや革新性を表しているとも言えるんですよ。

船舶投資ってかなり面白いな市場で、従来の投資商品にはない、新しい価値を発見できるんです。

元本や分配金の保証がない

マリタイムバンクの投資では、元本や分配金の保証はありません。

これは、投資先の企業が財務に問題を抱えると、投資したお金を取り戻せないリスクがあるってことです。

でも、リスクがある一方で、マリタイムバンクの予定分配率って4%から9%で、他の金融商品に比べると高い利回りを期待できるんですよ。

この高利回りが、元本や分配金の保証がないリスクをカバーするかもしれません。

積極的に資産を運用したい人にとっては、かなり魅力的な投資先になるんじゃないでしょうか!

 

マリタイムバンクの始め方

マリタイムバンク

マリタイムバンクでの投資を始めるための手順は、以下の通りです。

仮会員登録

マリタイムバンクの公式サイトにアクセスし、仮会員登録を行います。

この際、必要な個人情報を入力し、登録を進めます。

メール認証と本登録

仮会員登録後、送信されるメールに記載されたURLを通じて本登録の手続きを行います。

ここで、各種規約の確認と同意、さらに詳細な個人情報の提供が求められます。

本人確認書類の提出

マリタイムバンクでは、安全な取引のために本人確認が必要です。

指定された本人確認書類を提出し、その確認が完了するまで待ちます。

本人確認コードの入力

本人確認書類の提出と確認が完了すると、本人確認コードが記載された書類が郵送されます。

このコードをオンラインで入力し、会員登録を完了させます。

 

マリタイムバンク登録者全員に「Amazonギフト券1000円分」をプレゼント。

登録はたったの10分で完了し、手順もとても簡単!

>>マリタイムバンクはこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました